店舗型の風俗

街角

一昔前までの風俗は、店舗型の風俗が主流でした。しかし、法律が改正されてからは、店舗型ではなく無店舗型が主流となっていったのです。
現在では店舗型の風俗よりも、無店舗型の風俗の方が、圧倒的に数は多いです。ただ、店舗型には店舗型ならではの遊び方があるのです。
その遊び方を知ることで、店舗型を満喫することができます。
店舗型の風俗の定番が、ソープランドです。ソープランドでは、スケベ椅子やマットプレイなどのプレイがあります。
高級店の場合は、非常に豪華な個室でプレイを受けることができます。大衆店の場合でも、お風呂付きの個室でそれなりに部屋は広いです。

ヘルスというと、デリヘルやホテヘルなどの無店舗型の風俗が主流となっていますが、店舗型のヘルスもあります。それが、ファッションヘルスです。
店舗型なので、箱ヘルと呼ばれることもあります。ファッションヘルスの個室は、ソープランドと比べると小さめです。
シャワーを浴びることができる個室ですが、ベッドが1つ入るくらいの個室がほとんどです。
性感エステや回春エステなどの業種は、お店によって店舗型だったり、無店舗型だったりと異なります。
洗体エステの場合は、無店舗型ではなく店舗型の場合が多いです。リゾート気分を味わうことができる、というのをコンセプトにして、癒しと快感を得ることができます。

ソープランドやファッションヘルスなどの店舗型の風俗は、個室がありますが、ピンサロの場合は少し違います。
大きなフロアで、カーテンやパーティションで仕切られている場所でサービスを受けることになります。